「ほっ」と。キャンペーン

タグ:音楽 ( 39 ) タグの人気記事

秋がやってきたら、




来日、楽しみだ。
[PR]
by galwaygirl | 2012-08-28 16:24 | 今日の音楽

発作性衝動買い。

d0160944_1958733.jpg



と言っても、今はまさに運命の買い物だったと思っています。


以前、このブログで東京蛍堂さんのことをご紹介しましたが、(こちら→モボモガ御用達。
実はあれから何度も足をはこんでおりました。
ブログに書いたように、もう2度と見つからない、、、ということはなく、、、2度目も3度目も同じ場所にしっかり扉をあけておられました。(あたりまえです。。)

いやはや何度行っても素敵なお店で、少しずつ毎回ディスプレイがかわっているし、商品も行けばかならずこれはと思うものがあって、見ているだけでも楽しいのです。
不思議なものであまり手を入れてないお店は、たまに行くだけのお客にもわかるんですよね。
たとえ商品が変わっていなくても、趣向をこらしたディスプレイがちょっと違う雰囲気に変わっていたりするだけで、生きている感じが伝わります。
お店のスタッフもみなさん素敵な方で感じもよく何度行ってもあきませんでした。


そんなすばらしいお店なのですが、数ある美点の中でもわたしを惹きつけてやまなかったのが、実際にいつも使われている大きな木のスピーカーでした。
そこからは、たいていいつも昭和歌謡の音楽や古い日本のヒットソングなどが流れていました。
お店の雰囲気にすごくよく似合う深くてやわらかい音色で、そのルックスも含めてわたしはたちまち魅了されてしまいました。

しかしながら、それを”買う”なんてこと考えてもみませんでした。
実際、売り物かどうかもわかりませんでしたし、売っていたとしても、ましてわたしに買える代物ではないと信じて疑いませんでしたから。(もちろんそうとうな値段だろうと思ったのです。)


その日、クリスマスイブの日でした。


わたしは恋人と浅草にいました。


前の日はたらふく飲んで、素敵なプレゼントももらってふたり上機嫌で歩いていました。


天気はよかったですが、寒くて寒くて、となりのCUZNというカフェであったかいヒマラヤンチャイを飲んでいて、ふと思い出しました。
”そうだ、また蛍堂さんにいこう”

ほんとうに偶然だったのです。
ぷらっと見て、たぶん最初は何も買うつもりはありませんでした。
スピーカーはいつものようにそこにあって、今日もしびれるような音で鳴っていました。
何の気なしに、ほんとうに何の気なしにお店の方に尋ねていました。

「ほんとうにいい音ですね。なんというメーカーのものですか?」

と、

「いい音でしょう。ビクターですね。むこうの部屋にもひとつあってアンプもありますので、お見せしましょう。」

とおっしゃり、つれていってくれました。



そこから、詳しく話を聞くにつれて興味がでてきてしまい、
つい、、、聞いてしまったのです。

「ちなみにおいくらですか?」


と!


そして驚愕の返事が、、、。




「アンプもあわせて3万円です。スピーカーだけなら2万円でいいですよ。」


って。。。。。



ほぼ、即決でした。

いつのまにか「買います。」って言ってました。
何も考えずに。。



そばにいた恋人もあっけにとられてた。。



そうして、わが家にやってきたのが写真の大きな双子さんです。
やはり、、家におくには、ばかみたいにでかい。。
家族にもそうとうあきれられました。

自分でも、ほんとうにばかかもしれない、、とあきれてみました。


今日、はじめて音をだしてみました。


何を聴こうか迷ったけど、はじめの曲ということで
UA "SUN" にしました。
ガムランと自由にうたうUAが聴きたかったのです。



音を聴いて、自分の判断はまちがってなかったと確信しました。
お店で聴くのとは、もちろんだいぶ違うのですが、
少なくとも自分好みの音ではあった。
くせのある古い音は、ジャズにはぴったりはまりそう。クラシックのほうは、愛好者には邪道とののしられそうですが、わたし好みで楽しめそう。
そして、大好きな古いロックはもちろん間違いなくはまるでしょう。


夜に似合う音。



今年最後の買い物。
一生大切にしたい、出会いでした。
[PR]
by galwaygirl | 2011-12-27 21:07 | 日常の旅日記

調律をする。

d0160944_23445025.jpg



もう30年ちかく家にあるピアノ。
それも中古で譲りうけたものなので、もっと古いのでしょう。

ちかごろメンテナンスもせず、ほうりっぱなしでした。


ごめんなさい。


楽器は生き物です。
愛情こめて手入れしてあげないと、すぐにだめになってしまうのです。


わたしのピアノも、事実カビだらけ、、、
音もなんだか響かなくてひきずらくなっていました。



そこで、調律師さんにお願いしてメンテナンスしてもらうことに。。



ピアノの中ってこういうときじゃないと見れない。
中もずらっとならんだハンマーや弦が金色の背面にむかっていて、すごく美しい。
ピアノの正式名称はピアノフォルテ。
ピアノ(p)からフォルテ(f)まで自在にだせる、完璧な楽器という意味らしいです。

音はもちろん美しいけど、白黒の鍵盤、黒々としてシックなボディ、そして中身まで美しいって、、
ほんとうに完璧な楽器ですね。


調律師さんは赤いフェルトの紐を弦にはさみこんで、音を聞いています。


わたしは、気になってその赤い紐の用途を聞いてみました。
調律師さんは実践しながら、親切に教えてくれました。
ピアノはひとつの音をだすのに3本の弦を使うのですが、その3本を1本ずつわけて聞くために赤い紐をはさんで、ミュートするのだそう。
わ、88鍵全ての弦3本ずつだから264弦か!
緻密な作業。

ぽーーーーん。

ぽぽーーーーーーん。。



そんな作業を見ているうちに、調律師って錬金術師のようだと思えました。
赤いひらひらしたフェルトの紐をつかって、音を聞き、つくっていく作業はなんだか魔法のようだったのです。
ひとつの音を聞いて、それを正す。
正解は自分の感覚が知っている。
一見不確かなようでいて、それほど確かなものはないのです。


なんて素敵な仕事だろう。


そんなあこがれを抱いてしまいました。



わたしの愛するピアノ氏は、カビもきれいにされ、湿気で弱っていたハンマーもなおしてもらって
ピカピカに生まれ変わったのでした。


終わって、少し弾いてみてびっくり。
音があたたかくて深い感じになっていました。

たぶん、ほんとうにいままで響いてなかったんでしょうね。。
かわいそうに。。


これで、こころおきなくまたへたなピアノを弾いていきたいと思いました。
[PR]
by galwaygirl | 2011-12-13 00:20 | 日常の旅日記

PVできあがったようです。「シルバーの世界」



オワリカラのニューシングル「シルバーの世界」が
12/7にリリースになります!

このCDを対象店で購入すると、なんと12/17の渋谷タワレコでのワンマンライブのチケットがついてくるそうです。
太っ腹な企画。。

なんといってもライブがかっこいいライブバンド。
私ももちろん楽しみに行くよてい!!
おどろ!
[PR]
by galwaygirl | 2011-11-09 20:54 | 今日の音楽

道玄坂異種格闘技線vol.24 渋谷La,mama




なんとなんとオワリカラとヒカシューの対バンなのでした。

心まちにしておりましたこの夜。


やんややんや
さいこう!

いつものようにぎらぎらとにえたぎる生命力を放出するオワリカラ

いまやおじいさん(失礼)と化している、、がどこまでも前衛的なヒカシュー
最前列ではしゃぎすぎ。。


ヒカシューはとくに
なぜあんなにも自由なのかよ。。
人間年をとると自由になれるのか、、、、、、
だったら私は早く年とりたい。



でもこの映像を見ると
若い頃の彼らは、今のような自由さはさすがにまだないけれど、自由になろうともがいていたようだ。
それもすごくかっこいいことなんだ。
[PR]
by galwaygirl | 2011-10-26 17:14 | LIVE!

秋の夜長

d0160944_21281341.jpg



秋はよふかししたくなります。

夜がきれいだからだろうか。
夜風が気持ちいいからだろうか。
月がわりと明るくて、その下で本が読めるからだろうか。。


どれもそうだという気がします。


私はふだん
何かをしながらもうひとつのことをするということは少なく
たいていはひとつのことにとらわれてしまうタイプなので、、(というかふたつのことがいっぺんにできない超不器用なタイプなので。)音楽を聴きながら本を読むということはまずない。
たいていは音楽にとらわれてしまって、本に集中できないからその本はもう一度読むはめになるのです。。

でも、秋の夜は。
よくばりな気がむくむくとわいてきて
どうしても両方ほしくなってしまいます。。


そこで、考えてみました。


ジャズなら、、
と思っていくつかためしてやってみると数回に一度はわりといけることがわかってきました。
なんでもいいわけじゃなくて、あまりアクの強くない、あまりリズムが踊りださない、なおかつしっとりもしすぎないころあいのジャズがよいらしいのです。
それにぴったりなのがアートペッパー。
"The Artistry Of Pepper"という1枚しか持っていないので、他のアルバムはどうかわからないのですが、リズムもほどよくメロディやアレンジもとってもスムースで心地よいのです。
彼のアルトサックスの音も非常に深くやさしくて、秋の夜にぴったり。


最近はそれを聴きながら、お香をたいたりして
本をよんでいるので、耳も目も鼻も脳みそもフル活用して夜を楽しんでおります。

不器用なわたしには、新境地と言ってもいいかもしれませんなぁ。。


アートペッパーだけだとあきてくるので、またいいのがないか探し中です。
トロンボーンもいいよね。
カーティスフラーはもっていないので、買ってみようかな。。


物欲の秋でも あるようです。。
[PR]
by galwaygirl | 2011-10-04 21:58 | 日常の旅日記

祝。CDデビュー!



アイルランドで一緒に音楽をやったり、CD作ったりしてお友達になった
エメットオマリーさんが、CDをだすとのこと!
俳優やコメディアンとしても活動されているので、なかなかコミカルなPVにしあがっています。

CDもItunesよりダウンロード可能!(Emmet O`Malley 「Playtime」)
興味ありましたら、ぜひ、、。
[PR]
by galwaygirl | 2011-09-17 22:26 | 今日の音楽

デヴェンドラ バンハート(♥)がやってきた ヤァ ヤァ ヤァ!

d0160944_2033441.jpg



ということで
恵比寿 リキッドルームなのである。

久しぶりにライブレポなど、、します。してみます。。


6時開場 7時開演っていうから、、
勢い勇んで、6時すぎくらいにはリキッドルームについたのだ。
しかし、、なんか人がいない。。

並んでる人なんて皆無だし、、、
ひっそりしてるし、、

え、今日だったよなーってチケットを見直してみたり。
やっぱり今日だ。

そんなふうにリキッドの前をうろうろしていたら、、
普通にドラムの人でてきた!

ぷら〜っとでてきてどこかに行った。
わー、、ゆるい!

中に入ってみると、ちゃんとオープンしていて
チケットを切られてとおされた。
ステージの前、、、20人くらいしか人がいない。
大丈夫かな。。
と思ったけど、、、直前になってやっぱり着々と人は入ってきて前のほうはどうにかうまったようだ。
(でも2〜300人くらいしかいなかったんじゃないだろうか。。)

そういう雰囲気だったので、当然時間を押してはじまると思われた。
SEはビーチボーイズ。
ハッピーな雰囲気がぴったりで、気持ちよく幸せ気分で待っていた私。
ビールもうまいんだ。。

ところが、、遅れるだろうと予想していたのに、彼らはむしろ7時少し前に普通にステージにあらわれ。
何ももったいぶることなく、普通に演奏しはじめた。。

時間を押さずにはじめるなんて、外国人バンドだけではなく日本のバンドだってほとんどないと思われる。
なんだか、そのこだわらない感じがすごく素敵だった。


バンドはドラムとベース、ギターが真ん中で弾きながら歌うデヴェンドラさん本人をいれて3本!
でもけっしてぶあつくないサウンド。
むしろ、、すきだらけでゆるい。。。

最初はたんたんとただただ曲をこなしていく感じだったけれど
途中弾き語りを数曲はさんで、バンドが戻ってからはすごかった。
徐々にゆっくりとヒートアップするバンドの感情とオーディエンスの感情が、本当にリンクしていく感じだった。
しかも無理なくゆっくりと。。

つたわるだろうか、この気持ち。

気付かないうちに、とてもうれしく楽しい感情でみたされていて、
あとから、あ、、今 私幸せだ。。。って気付くあの感じ。


それを彼らは、なんの無理もなく本当に自然にこちらにくれた。
それは、うれしい夜だった。。


なにが特別かって、やっぱりあの歌なんだろうな。。
あのビブラートはあまりきいたことないたぐいだ。。
幸せのビブラート。



あんなふうに歌えたら
きもちいいだろうな。。



来日したら、
ぜったい毎回ライブに足をはこぼうと思う。
彼らなら、毎回まったく違うものを見せてくれそうだ。。


余談だけど、デヴェンドラさんの顔がまた、、、かっこよし!
私の中でアイドルけってい。
そういう理由で上のタイトルになったわけなのです。。

ラヴ!
[PR]
by galwaygirl | 2011-08-05 21:19 | LIVE!

人生はお祭りだ 楽しんじまえ!

U-zhaan × rei harakami - cape @ 100%ユザーン vol.2


今1番見たかったライブのひとつ。
U-zhaan×rei harakami
かなわなかった。。

一瞬一瞬はとてもはかなくて、
どんどんどんどんすぎていく。

そしてあっというまに
死んじゃう。。

でも、人生はこんな音であふれてて
きれいで
感動的だ。


この音楽をつくってくれた二人に感謝
この音楽を教えてくれた友達に感謝

いま この瞬間に 感謝


rei harakamiさん ご冥福をお祈りします。
[PR]
by galwaygirl | 2011-08-02 21:44 | 今日の音楽

ステップを踏む人

camaron de la isla / la leyenda del tiempo


夏のフラメンコ
ひらひらのスカート
ひげもじゃのギター

クラップ クラップ

たたんすたたん たんすたたん たたんすたたん たん
[PR]
by galwaygirl | 2011-07-19 13:06 | 今日の音楽