タグ:本 ( 13 ) タグの人気記事

語る。

物語が好きだ。
d0160944_0563956.jpg



小さなころから、どうしようもなく好きだった


本と音楽



2つに共通するものは、、リズムだった








わたしたちの世界は音楽でできている

d0160944_0593395.jpg



音楽がリズムをとり、物語が紡ぎだされる

時が過ぎてから、それはわたしの色になる。




私は生きたい。



d0160944_1151729.jpg




あなたの物語を聞かせてほしい
そこから、リズムとメロディがあふれだすのだから




今日の音楽
Khoiba/ Nice Traps
[PR]
by galwaygirl | 2010-07-01 01:23 | 日常の旅日記

世田谷文学館 星新一展

に行った。


K氏と電車に乗り、その初めて聞くR公園という名前の駅に降り立った。
「いい天気だな。」
「そうね、こんな日にぴったりのいいお天気ね。」

小さな鳥たちがさえずりながら飛んでいった。


その場所は駅からそう遠くない場所にあった。

d0160944_21392033.jpg


「これがそうか。」
「宇宙ステーションのようね。」

中に一歩入ると、そこは銀河系の星がちりばめられているように、H先生のアイデアがちりばめられていた。流れ星すら飛んでいるようだった。

K氏もうれしそうに、ひとつひとつ眺めては考え、笑い、さわったりしていた。


その空間を思いっきり満喫すると、私たちは腹がへった。

近くのそば屋でそばを食べ、またH先生のことを思い出したり、まったく関係のないことを思い出したりもした。

そのうち、新宿のLというライブハウスで不思議なイベントをやっていることを思い出し、そこへ向かう事にした。
そこでは男女20人くらいが集まって、宇宙人と交信を試みていた。

「ピピーピピー、応答せよ。」
「ksdjふぃうgzxcvん」
「ピピーピピー、もしもし、聞こえますか?」
「しうgsdbcbvcxw!!!!」

聞こえてくるのは、まったく別の言語だった。
こまった博士はえらい学者たちを呼んで、翻訳するように言いつけた。

えらい学者たちが10人で5時間かけて翻訳したところ
宇宙人が言っているのは





「おまえらの星を攻撃する。あと10秒。」

大変だ!みんな逃げなくては!



K氏が言った
「でも、、、おかしいな、もう10秒はとっくにたっているはずなのに、何もおこらない。」






外はしとしとと雨が降っているだけだった。


ー宇宙船の中ー
「今頃地球人のやつら、ばたばた死んでいるはずだぜ。あんなに大量の水をまいているんだからな。想像するだけでも恐ろしいな、あんなに水をあびたらどろどろ溶けて跡形もなくなってしまう、、、。」

ナメクジのような形をした宇宙人たちが話していた。。。




なんて、、、、
うそです。。


星新一先生風に書いてみましたが、、、。ぜんぜんしょぼくてすいません、、。

ほんとは新宿ロフトプラスワンに行って、オワリカラ タカハシヒョウリくんのトークイベントに行ってきました。
ロフトプラスワン
とても素敵なところでした。





d0160944_22432269.jpg


かなりディープな話もおもしろかった!



d0160944_22473020.jpg






今日の音楽
Ill Giorni Dell Arcobaleno /Nicola Di Bari
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-27 22:52 | 日常の旅日記

本の蟲のねぐら。

d0160944_23544170.jpg



新宿。

西口、東口。
ゴールデン街、ライブハウス。歌舞伎町。
西新宿の路地裏。

伊勢丹。。

意外と東京で一番なじみ深い場所かもしれない、、、。

思い出す事がたくさんある。


d0160944_00298.jpg




でも最近は、東京ってとこにすぐに疲れちゃうんだけどね。。






友達が働いてるっていうんで、わりと最近できたBrooklyn Parlorという本屋カフェに行ってきた。

マルイアネックスの地下1F。




新宿も私のことなどおいてけぼりで日々変化していますね。。




けっこう広めの店内は、いろいろなテーブルと椅子があったり、ソファーがあったり、、そこでコーヒー、紅茶、またはビールなど一杯やりながら、好きな本が読めてしまう。。
もし家の近くにあったら、毎日行ってしまうことはもう間違いないようなカフェだった。
しかも本のセレクトがただものではない。

本の数自体はそんなに多くないんだけど、ものすごく絶妙に厳選された本たちが、絶妙の配置で並んでいる。
本の蟲にはたまらない場所です。

アアルトの建築本と、超芸術トマソン、、
ものすごく美しい絵で描かれた、博物図鑑。
おもわず手で触れたくなるような、数々の写真集。
星新一、宮沢賢治などの超有名作家も数ある作品の中からこれを選ぶの!?っていうセンスで感動する。

本のセレクトはBACHだそうです。

気になりますなぁ、、、。


火曜の夜はライブもやってるみたいだから、また今度は火曜日に行ってみようと思う。。

あんなところで働けている友人がうらやましいです。


ひとつだけ、難点を。。
やっぱり新宿だし、立地もいいのでけっこう混んでるし、うるさいと思うときもある。
一人で行くと、小さいテーブルに通されるから、隣の席が近く若干集中できないこともある、、。
まぁ、、それは小さな点ですがね、、。

今日の音楽
Aqualung / Memory Man
[PR]
by galwaygirl | 2010-05-16 00:57 | 日常の旅日記