タグ:その他 ( 29 ) タグの人気記事

思い出横丁の夜

d0160944_16343290.jpg



10月某日、新宿のとある呑み屋で1年半ぶりにあの子に会う。
バスク、サンセバスチャン。
写真で見る限り信じられないほど美しいビーチと、緑の山を携える。
ガイドブックにはかなりの美食家をもうならせるような素晴らしい食文化も持っていると書かれている。

わたしがその地に生まれたら、どんなに懇願されてもその場を離れたくないと思うような街だ。

そんな場所から、毎年のようにこんな小さなゴミゴミした場所に会いにきてくれる。
私は毎年あんたに会いにきてるのに、あんたは一度もこないよね。
とぶつくさ文句を言いながら、、、。

また少しやせて、あいかわらずの生意気そうな風貌に磨きがかかった。

今年はなんと、日本語学校に通い、はじめてのホームステイに挑戦している。
まったく知らない家族とうまくやれるのかどうか、親のように心配していたが、案の定、、、、難しいらしい。
彼女はビーガン(菜食主義)なのだが、どうも最初から家族に、肉や魚もありがたくいただかないとダメだということを説教されたようだ。
わたしもその案には基本的に賛成だが、食べたくないというのを無理に押し付けるというのはどうかと思う。人には人の精神があり、わたしたちはそれを尊重せねばならないのではないか。
ましてや契約時にビーガンであるということを受け入れているのだから、彼らはやはり相応の食事を用意するべきであろう。
なんと信じられないが家のお母さんは、食べるまでじっと見つめ続け、彼女のいい分には耳をかさなかったとため息をついた。
その夜は食事にありつけなかったようだ。

同じ家にステイしている、カナダ人の男の子も一緒に来てその夜の小さな集いに加わっていた。
彼は日本のアニメやアイドル歌手が好きで、どうしても日本に来たくて1年間の留学に踏み切ったのだという。もうかなり日本語もわかるようだった。
アニメが好きで1年間も留学を決めてしまうというのは、まったくすごいことだ。漫画家じゃない限り、なかなかそれで生計を立てられるわけでもないだろう。つまりは趣味の近くにいたくて、もっと理解がしたくて、、、ただそれ一心ということである。
すごいなー、ほえーっとへんな声をあげてしまった。
彼は、アルコールをまったく飲まず、人が食べ残した皿ばかりつついて、新しい料理をたのもうとすると、いい、いいと遠慮するちょっと変わった青年であった。
海外のオタクくんもやはり変わったところがあるものなのか。

福島の話になった。
本当のところはどうなっているんだと聞かれ、答えにつまる。
わたしも知らない。
そう答えるしかない実情がつらい。
二人とも、日本に来る前に家族や友人からそうとう止められたようであった。
わたしたちはそういう国に住んでいる。

友人がひとこと
でもさ、まぁけっきょくわたしたちいつか死ぬんだから、いいじゃん。
そう言った。

あぁ、彼女のそういうところが好きなのだ。
わたしはぬるくなったビールをぐびっと飲んで、そうだそうだと調子を合わせた。
その瞬間は5年前と、何も変わっていないように思えた。
[PR]
by galwaygirl | 2013-12-10 17:17 | 日常の旅日記

謹賀新年

d0160944_233655.jpg





明けまして、おめでとうございます。


ってあっというまに1週間すぎましたね。。
芥川賞、直木賞候補が発表され、同僚と、
「あれ、ついこのあいだ前回の発表あったよね、、。え、ワープ??」といぶかしんでしまいました。

今年は情熱を持って、仕事も遊びもプライベートもこなしていきたいと思っております。
燃えろ、わたし。


ということで、本年もよろしくお願い致します。
[PR]
by galwaygirl | 2013-01-07 23:45 | 日常の旅日記

師走





さて、
今年ももう終わりです。

昨年と同じく大そうじ、終わっていませんが
変わらずよしとします。


年末、ひとつさびしいおしらせをしなければなりません。

12年間、家族とともに過ごし、野菜がきらいで、クッキーが好きで、犬にも猫にも動じず、うちのすべての動物から恐れられている”子ども”笑奈をあごで使い、(あごをくいくいっとやってクッキーをもらう。)
最後の最後まで生きる意欲を失わなかった、、ハチミツ色のうさぎ、ハニーが天に召されました。

年末、ふとしたことで足を折ってしまい、病院に連れて行きましたが完治は難しいとのことでした。(歳が歳なので)
それでも、食べさせてあげると一生懸命食べ、一時はだいぶ元気にもなってこれは持ち直すのではないか、、と家族一同期待しました。
ですが、24日の朝、だんだん動かなくなり呼吸もゆっくりになって、母の手の中でゆっくり最後のひと息を終えました。

からっぽのゲージを今日、片付けようと思いました。
でも、なんだか腰が重くなってしまって。
まだ今もそのままあります。
でも、やっぱり片付けなくちゃ。

そんな年越し。
そうだな、ありがとうとごめんねはたくさん言いたいかな。


少しぐちゃぐちゃしてくると、見るPVを最後にのせます。
何にも染まりすぎるのがいやなので、フラットにもどすためにときどき見ます。
今年はこれでおしまい。
来年も、よい雰囲気で忙しくなりそうなので、びゅんびゅん過ぎていきそうです。
来年はどんな年になるのかなって、ぼんやり考えるのも年末の楽しみだなぁ。

それにしても、アイスランドは寒そうだ。
[PR]
by galwaygirl | 2012-12-29 18:25 | 日常の旅日記

日々

d0160944_1402225.jpg



書くのをやめていたあいだ、

ひとつの再会があり、
再会を願う別れがあった。

ひとつの葛藤があり、
ひとつの選択があった。

夏らしく海に行って、バーベキューをして、旅行も行って、たらふくビールも飲んだ。

たくさんのすてきな音楽を聴いて、たくさんの役にたたない読書をした。


仕事の部署が変わり、悪戦苦闘しつつも新しいことができる喜びがあった。


知人の突然の訃報に驚き、泣いた。


いつもの夏、いつもとは違う夏。
しっかり足をつけて立ちたい。この地面に。


なんの意味もなくても、ただ書いてみたいと思った。
わたしの日々を。

大切にしていることを。




だれが見ても見なくても、どうぞまた、、よろしくお願いいたします。
[PR]
by galwaygirl | 2012-08-19 01:55 | 日常の旅日記

そろそろ、、

おもい腰をあげねばなぁ、、
なんて、考えてるところ。。
[PR]
by galwaygirl | 2012-08-18 00:20 | 日常の旅日記

d0160944_22251488.jpg




年を重ねるにつれ、
たいていの人がそうなるように
私も最近、朝という時間が好きになってきた。


「朝」
と一言で言っても、いったい何時から何時までのことなのか、
具体的にはわからないのだけど、やはり純然たる「朝」を楽しもうと思ったら
それは午前6時から8時くらいのあいだなのではないだろうか。


昔は断然夜のほうが好きだった。
夜はひろくて冷たくて、そして自由だった。
どこまでも黒いところも素敵だった。

いまももちろん夜は好きだけど、
朝、、
それはわたしにとって新鮮だ。

朝の空気というのは、どうしてああも特別なんだろう。
ぴんとはっていて、しっとりしていて、ひやっと流れていく風のにおいもいい。
空気そのものがときどき、きらっと光って、そこらにあるものがみんなふわっと映し出される。
きれいだ。



わたしの理想的な朝を言うと
6時にゆっくり起きる。
そして顔を洗ってから、窓をあけて天気を見る。
ねこにえさをやる。
朝ごはんの支度をする。
夏はコーヒーとくだものがいい。
冬はお味噌汁とごはんがいい。
天気がよければ(そしてあったかければ)外で食べる。
ゆっくりゆっくり。
食べ終わったらひたすらひたすら、ぼうっとする。
ぼうっとするということを意識をもってする。
音楽はかけてもかけなくてもどちらでもいい。
でもテレビはつけない。


そんな朝。
きっと誰もが理想だと思うであろう。
でも、実際は、、、

もちろん、できない。



まず、こんなことができるのは決まって休日だが、
休日に朝6時に起きられることなど、ありえない。
目覚ましをかけていたって、休日だと体が知っているのでだめなのだ。
あのジリジリとけたたましい音を、まったく無視してしまう。。
ほうっておいたら、午前中に起きることすらむずかしいのだから。。



きっともっと年をとったら、朝は早くに目が覚めちゃってね。。
とわたしも言う日がくるだろう。
実は少しそのときが楽しみなのである。
そうなったら、たっぷり朝を楽しもうと今から”ふふふ”と思っているのだ、、。
[PR]
by galwaygirl | 2012-02-09 23:50 | 日常の旅日記

32nd.

d0160944_21245459.jpg




早朝、眠気、司馬遼太郎の新刊、フランスパン、デューク、春、新しい靴、木目、トマトのへた、エナのにおい、コーヒー、忌野清志郎、たまてばこ、コンゴミュージック、大塚、フレッシュネスバーガー、探偵、友達のカンガ、i-phoneの材料をめぐる殺戮、駆け込み乗車、ジャズライブハウスの感じの悪いマスター、ヘッドフォン、翌週の旅行、ガイドブック、椅子、、、




毎年やってみようと言いつつ、2回目にして忘れていたので、後からこっそりアップします。。
32回目の誕生日の日に、頭をよぎった言葉たち。

ハッピーバースデイ わたし。、
[PR]
by galwaygirl | 2012-02-07 21:24 | 日常の旅日記

スロウダウン / スロウダンス

d0160944_11533264.jpg




みんなだれかを傷つけないように、湾曲に伝えるから世界は複雑になる。

だからといってすべてをストレートに伝えていたら、もっと煩雑でいびつな世界になる。



あと少しの想像力と、その想像をする時間が必要だ。




スロウダウン

スロウダンス



彼はいま、
なぜそれを言ったのか。



なぜあなたに そう言ったのか。




あなたにその理由が伝わるか。





スロオダウン、、、


スロオダンス、、、、




わたしたちは 踊らされてるかもしれない




自分自身に。。
[PR]
by galwaygirl | 2012-01-26 11:39 | 日常の旅日記

夜、あの冷たくて静かな黒いもの。

d0160944_050992.jpg



いったいぜんたい、あの法事というものに
どういう気持ちでのぞめばいいのか

わたしはいまだに さっぱりわからないのだ。
[PR]
by galwaygirl | 2012-01-15 00:52 | 日常の旅日記

2012年、みなさん今年もよろしく。

d0160944_1854898.jpg



新年、明けましておめでとうございます。

みなさん、おもちを何個食べましたか?
わたしはかぞえきれません。。

正月太り進行中。。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by galwaygirl | 2012-01-03 18:07 | 日常の旅日記