「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

デトロイトへの招待状3

d0160944_1517536.jpg



海外に行くといつも思うのは、(特に都市)町づくりがきちんと計画的であるということ。
特にシカゴは、有名な建築家を何人も輩出しているので、建物は近代的かつ美しい。
近くから見上げても荘厳で惚れ惚れしてしまうし、遠くから全体を眺めてみても完璧に絵になるバランスをたもっている。

土地が本当に広いんだなと思わせる、ゆったりとした道路に歩道。
人口が多くてもそれほど気にならないのはそのためか。

意外だったのは、信号の間隔が短いこと。
大きな道路は小走りじゃないと渡りきれない。
でも、みんなぜんぜん気にしていなくて、赤信号でも車が来てても平気で渡る。
がんがん渡る。
規則にしばられていない。
渡れるのか渡れないのか、自分で判断を下す。
といいつつ事故は多いようだけど。。

歩いていたら、突然リズミカルな英語が聞こえてきた。
道ばたで若者が体をゆらしながら、ヒップホップのリズムでラップをはじめていた。
わきに2人の友達がいて、審査をするようににやにやしながら聞いている。
残念ながら何を言っているのか聞き取れなかったけど、この旅一番アメリカを感じた瞬間だったな。
ああいうのもきっと時がたてばなくなっていってしまう。

文化は人間が作りだす。
作って廃れて、でも何かが残り、その残った何かの上にまた新しい文化が作られる。
そういうふうに世界はやってきたんだなと、、ぼんやり思った。

そう、思うと少しだけいとしくなって、
私はひとりふふふと笑った。
[PR]
by galwaygirl | 2012-10-22 15:47 | 旅日記

デトロイトへの招待状2

d0160944_23361233.jpg




シカゴで一番楽しかったのは、間違いなく着いた日の夜だった。


空気は乾いていて、ぴっと張って肌寒い。
高層ビルがたちならぶ都市ではあるが、東京のそれとは全然雰囲気が違う。
古いものと新しいものが混在していて、独特の空気感を作りだしていた。
ヨーロッパはみんな建物が低いから、それともまた違っていて、やはりここはアメリカなのだなとどうしたってわくわくしてくる。

とにかく最初に食べるものを探して街に出た。
もう外は暗かったので、あまり遠出をせず近場ですますことにする。

写真のパブに入る。

古くからある店のようで、中も雰囲気たっぷり。
アイルランドというよりは、ロンドンのパブを思い出した。
まぁ、一杯。
シカゴのビール(名前は忘れた。)をやりましょう。

うまー。
うまいよ、このビール。
日本にもあるのかしらん。


そして、肉!
d0160944_2348244.jpg

シカゴ名物リブステーキ!
ザ・アメリカ!

これもおいしかった。




完食、、、、、、、、とは、いかないけどけっこうたいらげました。↓
d0160944_2350058.jpg




アメリカの肉は味付け大味でも、おいしい。
しかも、見ため大きくても骨ばかりなので、意外と入るのでした。
(看板のマラケシュビーフピタってやつも食べたかった。。)







食べた後も別のパブでギネスを飲み、最初の夜としてはおおはりきりで満喫したのだった。
ここまで29時間くらい起きていた。。
海外マジック発動、、。
[PR]
by galwaygirl | 2012-10-10 00:00 | 旅日記

デトロイトへの招待状

d0160944_22533217.jpg



夏のはじめに、一通の招待状がとどいた。
アメリカからだった。

それはただのシンプルなハガキ一枚ではあったが、れっきとした結婚式のお知らせだった。
場所はミシガン州デトロイト郊外の街、アナーバー。


タリホのことは以前にここでも書いた。
あのピーナッツの香りをさせながら、パジャマで自転車をこいでうちまでやってきた女の子である。

私たちは、はなればなれになったあとも手紙を書き、やりとりを続けていた。
 

この冬彼女は恋をしていた。
しかし、彼女は敬虔なキリスト教徒。イエスに身を捧げている。
気軽につきあってみたり、別れてみたりするという概念はない。
神様に恋をすると、ときに不便である。


そこで、ふたりは一緒に祈った。
神様に結婚してもいいかどうか、尋ねたのだ。
私には神様がなんてふたりに答えたのかわからない。ふたりがどういうふうにその答えを受け取ったのかもだ。
でも半年後、この一枚の招待状が私のもとにきたのである。


何をどうしても行きたいと思った。
ふたりの幸せそうな顔が見たかった。結婚式がどんなふうにおこなわれるのかも。
本当は仕事を1週間休むのは、むずかしかった。ちょうど部署が変わった直後で、覚えなくてはいけないことが山ほどあったし、いろんな人に迷惑をかけてしまうのはわかりきっていた。
それでも、上司はわけを話すと大丈夫だから行ってきなと、簡単に許可してくれた。そんな機会はめったにないんだから、、と。
私は理解のある上司や同僚に感謝しつつ、旅立つことに決めたのだ。


久しぶりの旅、またひとりできままにやるつもりだった、、、
のだけど、ひょんなことから母と知り合いのおばさんがついてくることに、、、。
なんと、、私はふたりのガイド役をやらされることになってしまったのだった。


そういったわけで、3人でまずはシカゴへむけて旅立つ。
シカゴで数日観光してからデトロイトへ。
アメリカン航空の格安チケット。当日チェックインすると、以外に満席でほとんど座席を選ぶ余裕はなかった。しかし、同行の母の知り合いのおばさん、どうしても窓際がいいとだだをこねはじめ、、
窓際は本当に一席も空いていないむねを伝えると、なんとむくれた。。



やれやれ。。
[PR]
by galwaygirl | 2012-10-07 23:29 | 旅日記