「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春のあらし

d0160944_17204896.jpg





つよい風がふいている。

春になると、毎年ふく風。
冬のあいだにふりつもった、やりきれない冷たさや、孤独をふきとばしてくれているのだろうか。
まったくそんなくだらない考えをおこすのは、人間だけか。

今年はさくらが少し遅いので、いま風に散っているのは梅の花だ。
もしかしたら今年、さくらはすぐに散ってしまうことがなくて
長めにさくかもしれないなぁ。

だったら、いいな、と
ちょっとだけ、希望をかける。
[PR]
by galwaygirl | 2012-03-31 17:24 | 日常の旅日記

The spring is in bloom.

d0160944_22305445.jpg

[PR]
by galwaygirl | 2012-03-29 22:32 | 日常の旅日記

St.Patric day とおまつりのパレード

d0160944_21291859.jpg



あー、おいしそ。
いま見ても、もう飲みたい。

先週末は”セントパトリックデイ”というアイルランド最大のお祭りがあった。
その名のとおり、パトリックさんという聖人を祭るお祝い。
いまはもう、若い人たちを中心に全身緑の服を来て派手に着飾り、一日中ビールを飲む日ということになっている。
アイルランドのパブでは、緑色のビールが登場したりも。。(味はかわらないらしい。。)


そして、このお祭り本国アイルランドだけにとどまらず、世界中でパレードやらの催しがおこなわれており、ここ日本もその例外ではなく表参道にて毎年パレードが繰り広げられている。
昨年は当然のことながら中止となってしまって、行けなかったので今年は行きました。
アイルランドで出会った仲間と一緒に小雨ふる中パレードを見て、パブでわいわい楽しいひとときをすごした。

d0160944_2142572.jpg
d0160944_21422250.jpg




こんな感じ。

ゆるい。。








でも、マーチングバンドやリバーダンスやバグパイプの集団、はては大きなギネスのバルーンなんかも歩いてきて、久しぶりにわくわくと胸が踊った。

パレードがやってくるときのわくわく感は、なんともいえない味わいがある。
たとえ、中途半端な感じのゆるーいパレードだったとしても、なんだか笑えて幸せになるのだ。。




みんな楽しそうだった。




パブでは、ギネスをたくさん飲んで(でも、日本のパブは高かった!)
久しぶりの人たちとおしゃべりして、すごく楽しいひとときをすごした。
おかげで、次の日声がかれていて、会う人ごとに風邪をひいたのかと心配される始末でした。。


本場のパレードはどんなだったかな。。
[PR]
by galwaygirl | 2012-03-21 21:58 | 日常の旅日記

ながれる

一陣の風
海がひかるよ

とてもたくさんの舟
うかんでた

わたしはつめたい水におりる
そのまま
青白く ふくらんだように見える 自分の足を見てた。


このまま
できるだけ永く
このままで

たとえ いつか
一瞬にして
すべてが消えるのだとしても



雲が ながれる
ゆっくりと

おちてくる 光が
肌に やさしく すいこまれてく

君は たえまなく空をあおいで
そのまま
まぶしそうに あくびする


このまま
できるだけ永く
このままで

たとえ 今日が
なんでもない ただの 日曜日だったとしても


このまま
君が
見てる
この光景
このまま
一緒に
見ていたい


このまま
できるだけ永く
このままで

たとえ いつか
一瞬にして
すべてが消えるのだとしても
[PR]
by galwaygirl | 2012-03-11 11:30 |

Get on Big wheel!(Go to Kobe!! 3)

d0160944_2262240.jpg



夜、

大きな観覧車がそこに。


あれに乗れば、きっと神戸の夜景が一望できるだろうなぁ、、
ということで、乗ってみることにした。


ジェットコースターは嫌いなのだけど、
観覧車は平気。だと思っていた。。このときまでは。



だけど、誰もいない観覧車、
並ぶ必要なんてなくて、すぐにゆらゆらゆれる小さな個室に入れられ、ガッチャンと鍵をかけられたあと、、私はとてもこわくなってしまった。。

高い。
ゆれる。
せまい。。



でも、なんとなく怖いと思っていることを認めたくなくて、、何とも言えず
必死で風景を見て写真をとって気をまぎらわした。
けど、本当はこわかった。。



d0160944_22112861.jpg



写真はだいたいぶれぶれで、どうしょもなかった。
上が一番ましな一枚。


いったいわたしは、なんでいろんなものが怖くなってしまっているのだろう。
そのこと自体が実際とても怖かった。



でも、観覧車に乗ったらスタッフの人が”ゲームセンターでクレーンゲームが一回できる券”というのをくれたので、わたしと恋人はこれは1回じゃとれなくて何度もやってしまう人のための最初の一回への扉なのだということを、確認しあった。
そしてから、クレーンゲームへ挑んだ。もちろん1回で終わらせるつもりで。。
特に欲しいものはなかったので、エナにあげようと思って最近お気に入りの番組のキャラクター”サボさん”にねらいをさだめた。
慎重に慎重に、、。
結果、、、、

もちろんダメだった。

わたしははっはっはーと笑って出ようとしたけど、恋人はうつむいて考えている。。
”む、まさか、、”
と思いきや、、、


「あと1回!」


おまえもかー。
わたしたちさっき確認したよね〜。。

と思ったのだけど、彼はどうにもやる気なのである。


結果。


ダメだった。。



はは〜ん。
という顔して見ると、「いや、これはこの機械が、、、」とごにょごにょ言っていた。




こうやって書いてみると
ほんとに、
まったく普通の話なのだけど、
普段ゲームセンターなどにはまったく行かないわたしたちにとっては、とてもおもしろい経験なのでした。



神戸は本当に寒くて寒くて、、
この旅行まず思い出すのは寒かったこと。ですが、
ここで書いたことは特になんてことないんだけど印象に残っている出来事です。


なかなかアップできず、やっと書いてみたらしょうもない話で申し訳ありません。
初めての神戸、よく食べ、よく飲み、よく歩いてほんとうに楽しみました。

最後の朝食べたパンのおいしさは忘れられないほどです。


旅というのは、何かこころに色を落としてくれます。
いろんな色でマーブル模様になるまで、旅を続けたいと思っています。(でもその前にいろんなもの恐怖症をどうにかしたいのですが。。)
[PR]
by galwaygirl | 2012-03-08 22:37