「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

一年がすぎた。






ちょうど一年前の今日、
父が死んだ。


その日まで何の兆しもなく父は元気だったし、いつもどおりの日常が流れていた。
私たちは普通に寝て、普通に起きて、朝ごはんを食べ、歯をみがいた。
日曜日の朝の少しのんびりとけだるい空気が流れて、いつもとまったく何の違いもなかった。

ゆいいつ、父が起きてこなかったという事をのぞいては。



心筋梗塞。
考えてみれば、とてもありふれた最期なのだ。
父はとてもお酒が好きで、毎晩飲んでいたし、当然血圧が高かった。
60歳で少し若かったが、その年でそろそろ考えてほしいと思っていたほど、全国を飛び回って仕事していた。
それを考えれば、いつ何があってもおかしくはなかった。
私たちは、いつでも人と違った生き方や、考え方を持ちたいと思っているけれど、その死がありふれているということに関してはとてもありがたいことなのかもしれない。
本人にとっても、家族にとっても、、。



またたく間に1年がすぎて
私はひとつ年をとった。母も妹たちも。父が死んだ後に生まれた姪ももうすぐひとつ年をとる。
日々はたんたんと過ぎていき
また春がくる。

そういうふうにあっという間に、私も死ぬのだろう。
わたしたちは、そのことをつかの間忘れるために冗談を言う。みんなでわはわは笑い、踊ったり歌ったりする。
どれだけ、強く頭も良く一人でたくさんのお金を稼ぐ事ができても、
わたしたちは一人では生きられない。


どうしてもだ。



そのことは頭だけでなく、体で知らなければならない。
細胞のひとつひとつが知っていることは、頭で知っているということよりもずっとずっと強いことだからだ。
わたしたちはそれを体に刻み込んで、生きていかなければならないと思う。



そうすることによって、あなたはとなりの人の暖かみがわかるだろう。
一秒の重みもわかるだろう。
太陽や水や季節や大地、血の流れ、野菜、肉を与えてくれる動物たち、その全てに感謝するだろう。





大切なことを忘れてはいけない。




1年たった今日、
そういったことを自分に言い聞かせるために
ここに記す。
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-31 19:05 | 日常の旅日記

高円寺 U.F.O.CLUB

d0160944_2048209.jpg



その地下。

その地下のステージ
ゆれる。

そのゆれている空気がただよって
びりびりつたわっていく。
みんなに、
伝染っていく。


女の子たちのヒールが
かちかち鳴って
ミニのスカートもゆらゆらゆれて
幻覚的陶酔


私のほっぺたももう真っ赤だ。



オワリカラの夜



23.1.2011 高円寺U.F.O.CLUB「発狂天国 vol.47~発狂天国10周年だよ!!!1月編~」にて。
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-28 21:04 | LIVE!

とうとう、、

d0160944_152120.jpg



あいふぉん手に入れてしまった、、、。

もうあともどれない。。ふふ。。







今日の音楽
R.E.M / Nightswimming

やさしく眠りたい夜に。。
やっぱり、この曲のピアノは本物がいいと思う。
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-24 02:03 | 日常の旅日記

またたき

d0160944_20311882.jpg



あなたに理解してほしいなんて

  あの星をひとつとってきてとお願いしているようなもの、、。









今日の音楽
Tom Waits / I Hope I Don't Fall in Love with You

[PR]
by galwaygirl | 2011-01-22 20:42 | 休憩、、、。

ない。

d0160944_21552812.jpg



  なにもないって素敵なことだって

             
               私は知ってる







今日の音楽
Joe dassin / Les champs-Élysées

世界で一番好きな曲は?と聞かれたら、
まよわずこれと答える。
私のねっこにながれる歌。
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-21 22:10 | 休憩、、、。

初景色

d0160944_113797.jpg



初雪、

うすくつもったそれは、粉砂糖のようなはかなさで消えた。









今日の音楽
EDITH PIAF / LA BELLE HISTOIRE D'AMOUR

[PR]
by galwaygirl | 2011-01-18 00:57 | 日常の旅日記

へこむ。


d0160944_2152970.jpg




ふまれてけられてたたかれてなぐられてぼろぼろになってから
きがついたとしても
またおなじことをくりかえしてしまうわたし






今日の音楽
Creedence Clearwater Revival / Suzie Q

せめて好きな曲でも聴いて、もりもり食べてねる。
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-15 21:10 | 休憩、、、。

とある5日間

一月七日 ふと旅に出ることを思い立つ。
     そういえば、もうずいぶん旅していないじゃないか。
     小さな旅行にはいくつかいったけど、私にとっての旅は一人でするそれだ。
     どこに行こう。
     それを考えることはひょっとしたらこのエンターテイメントの一番の山場なんじゃないか。
     はて一番の山場が最初に来てしまうのは、どうにも残念だ。
     どうにかならないもんか、、。 
     

一月八日 昨日あれだけ旅に出ようと思っていたのに、今日の寒さでまったく動けなくなった。
     寒いの寒くないのといったら、、、寒いのだ。
     まったくもってこんな時期に旅に出ようなんて無謀な考え。
     おこたに入って、オレンジ色の丸いものを食しながら、とりためたビデオを見るのだ。
     

一月九日 「ヘイヘイ、音楽で世界がつながったらいいと思わないか?」
     その男はそう言いながら私に近寄った。
     「小さな街から初めて、みんなで楽器を持って世界中を練り歩くんだ。お祭りをやるんだよ。」
     はぁ、そうですか。
     「ぼくは、これからマイアミに行って友達とその祭りを開くんだ。」
     大きなサングラスでどこを見ているのかわからない視線が、私を困惑させた。
     「君もぜひ参加して一緒に世界をつなげよう。音楽でつながれば世界は間違いなく平和になるんだよ。」
     そういって私にひとつのアドレスをにぎらせた。
     「ぼくは音楽の持つ力を信じているんだ。それで世界を変えられるよ!」
 

一月十日 その日、その本は私がのどから手が出るほどに言ってほしかった言葉を、そっと言ってくれた。
     一年中ずっとずっと考えてきたことをすっと飲み込ませてくれた。
     本は私に全てのことを与えてくれる。
     本当に本当に心から感謝する。
     今このタイミングで、出会えてよかった。
     

一月十一日 初体験をする。
      この年にもなると、初めての経験ということは少なくなってくる。
      こわい。緊張する。
      はずかしい。
      終わったら、力が入りすぎていた手足に汗をたくさんかいていた。。
      子宮頸癌検診。。
    

毎日はなかなかおもしろい。



今日の音楽
Pink Floyd / Welcome To The Machine
 
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-11 22:11 | 日常の旅日記

家宝。

買っちゃいました。。
d0160944_23283235.jpg


ゆらゆら帝国の限定版ライブCD&DVD

あーーーーーーーーたのしみ!


11月12月と2ヶ月連続発売でした。
ふんぱつした!


かんぺきなシチュエーションで見たいので、
(例えば、次の日休みの夜でひとりでお酒など飲みたい気分でこの夜を彼らと一緒に明かすことになんら問題のないとき、、、)
日を選んでいます。。



早くこい!(そんな日よ。。)
でもやっぱ生で見たい。。。




今日の音楽
八十八ヶ所巡礼/仏滅トリシュナー

ポストゆら帝。かも、、、と思う。
ライブかっこいい。
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-07 23:42 | 日常の旅日記

新年火鍋会。

新年会に火鍋会をやるからいらっしゃいと言われ
のこのこ出て行ったのである。

行くと言ったはいいが、
人生で火鍋というものを食したことが、いちどもなかった。


どんなもんだ。。



なんとなく、響きが辛くておいしそうだ!
ということで、かなり期待しておなかをすかせて向かった。



行った先の友達の家には、すでに中国の方がたくさんいて、
カードゲームなどに興じていた。
三国志!
人気ですね。


さてさて
火鍋なのだ。



やはり!
想像通りの色だった!!
d0160944_2345763.jpg


からい!絶対からいにきまっている!!

これに具をてんこもりに、、してこんな感じでいただきます。
d0160944_23493335.jpg


本当は牛の内蔵だとか、豚の脳みそだとか、、おどろおどろしいものをたくさん入れて食すらしい。


日本では手に入らないから、仕方なくちくわだとかソーセージだとかを入れてぐつぐつしたそうである。(ソーセージがちゃんとたこになっているの。)日本でそれらが手に入らないということに、少し胸をなでおろしてしまったのは否めない。。


ところであぶらぎったスープの中で、地獄絵図のようにぼこぼこ煮えてる具を、またごま油につけて食べるのだと言う。なんて斬新な、、。
まるでオジーオズボーンとミックジャガーの夢の競演である。


想像するだけで、胃がもたれてくるかもしれないが、
これが、ほんとうにめちゃくちゃおいしかった。
ごま油の中に黒酢やパクチーなど薬味を入れるんだけど、完全に調和されていて辛さもマイルドになる。
私は感動した。
この世にこんな衝撃的な味があったことに。。


ビールがすすんだよね。。
d0160944_074591.jpg


中国人のみんな本当に素敵な人たちで、また会いたいと思った。
こんなインパクトある料理を作る人たちとは思えないほど、素朴でやさしい人たちだ。
また会えるといいな。

友達とも久しぶりに会えて、新年そうそうゆかいだ!
楽しいことはみんなでわけあおう。


ごちそうさまでした!!

翌日、みんなおなかこわしたらしいよね。。(私は平気でした。根が頑丈なので。。)




今日の音楽
DE DE MOUSE / my favorite swing

火鍋のようなディープな世界をもっている彼ら。
エレクトリックサウンドだけど、ライブが抜群に良い!
[PR]
by galwaygirl | 2011-01-05 00:37 | 日常の旅日記