「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

モロッコに恋をして♥

TRANSIT最新号でましたね。

「モロッコ特集」

私にとってモロッコは特別だ。
もちろん、今まで行ったところは全部特別だし、中でもアイルランドがやっぱり1番特別と言えるんだけど。(10ヶ月滞在したので)

モロッコは行こうと思うずっと前から、気になってしかたがなかった国なのだ。




なんでだろう、、、。


砂漠、らくだ、、ランプ、、、アラビア


皮のバブーシュやプフ、タジン、クスクス、ベルベル人、、、。
タイル、、、。
ブルーのタイル。

いつか、写真で見た美しい模様のブルーのタイルで彩られた中庭。
これが、徹底的に私を魅了した、、。
そして色鮮やかな手織りの絨毯 繊細なガラスのモロッコティーグラス
銀色のトレイ

何もかも魅力的で幻想的だった。



実際に行ってみたモロッコはやはり幻想的で、昼下がりの白昼夢がずっと続いているような虚構の中に以上なほどのリアリティーがあふれる場所だった。
中でも世界一複雑な迷路の街「フェズ」と、ヨーロッパとイスラムの狭間で揺れ、かのジミヘンをも魅了し曲を書かせた港町「エッサウィラ」は印象深かった。

エッサウィラで私は一人の男の子と出会った。
その子は、私に魚のタジンを食べさせてくれ(本当に本当にすごくおいしかった!)シンティールという楽器を演奏してくれた。
名前も知らないけど、彼の音楽はとてももの悲しく響いた。
音楽が好きだと言った。
言葉が通じなくても、宗教が違っていても、音楽でわかり合えることがあると。

私もシンティールに挑戦してみた。

おもしろいけどとても難しい楽器だった。フレットレスベースのような、、、。というか音階さえ曖昧でチューニングもよくわからなかった。
でも、いい音だ。
私は永遠に続くような砂漠にしみ込んでいく水のことを思い出した。

今度は砂漠に行きたい。


そういう素敵なモロッコとの出会いがあり、私はモロッコ雑貨のお店を開くことを夢にみるようになった。
いつか、素敵なモロッコ雑貨をここにも紹介できたらと思います。


d0160944_045478.jpg



d0160944_043681.jpg


カメラをフェズでなくした為、モロッコの写真はほとんど残っていない、、、。
ゆいいつ携帯で撮った、タンジェの街の写真だけだ。
それも、まあ旅ってもんだろう。



今日の音楽
KASABIAN / Empire
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-30 00:13 | 日常の旅日記

世田谷文学館 星新一展

に行った。


K氏と電車に乗り、その初めて聞くR公園という名前の駅に降り立った。
「いい天気だな。」
「そうね、こんな日にぴったりのいいお天気ね。」

小さな鳥たちがさえずりながら飛んでいった。


その場所は駅からそう遠くない場所にあった。

d0160944_21392033.jpg


「これがそうか。」
「宇宙ステーションのようね。」

中に一歩入ると、そこは銀河系の星がちりばめられているように、H先生のアイデアがちりばめられていた。流れ星すら飛んでいるようだった。

K氏もうれしそうに、ひとつひとつ眺めては考え、笑い、さわったりしていた。


その空間を思いっきり満喫すると、私たちは腹がへった。

近くのそば屋でそばを食べ、またH先生のことを思い出したり、まったく関係のないことを思い出したりもした。

そのうち、新宿のLというライブハウスで不思議なイベントをやっていることを思い出し、そこへ向かう事にした。
そこでは男女20人くらいが集まって、宇宙人と交信を試みていた。

「ピピーピピー、応答せよ。」
「ksdjふぃうgzxcvん」
「ピピーピピー、もしもし、聞こえますか?」
「しうgsdbcbvcxw!!!!」

聞こえてくるのは、まったく別の言語だった。
こまった博士はえらい学者たちを呼んで、翻訳するように言いつけた。

えらい学者たちが10人で5時間かけて翻訳したところ
宇宙人が言っているのは





「おまえらの星を攻撃する。あと10秒。」

大変だ!みんな逃げなくては!



K氏が言った
「でも、、、おかしいな、もう10秒はとっくにたっているはずなのに、何もおこらない。」






外はしとしとと雨が降っているだけだった。


ー宇宙船の中ー
「今頃地球人のやつら、ばたばた死んでいるはずだぜ。あんなに大量の水をまいているんだからな。想像するだけでも恐ろしいな、あんなに水をあびたらどろどろ溶けて跡形もなくなってしまう、、、。」

ナメクジのような形をした宇宙人たちが話していた。。。




なんて、、、、
うそです。。


星新一先生風に書いてみましたが、、、。ぜんぜんしょぼくてすいません、、。

ほんとは新宿ロフトプラスワンに行って、オワリカラ タカハシヒョウリくんのトークイベントに行ってきました。
ロフトプラスワン
とても素敵なところでした。





d0160944_22432269.jpg


かなりディープな話もおもしろかった!



d0160944_22473020.jpg






今日の音楽
Ill Giorni Dell Arcobaleno /Nicola Di Bari
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-27 22:52 | 日常の旅日記

とおまわり。

d0160944_02595.jpg


迷ったら、休めばいいよ。
ただ揺れて揺れて踊って、そんな日があってもいい。


今日の音楽
サカナクション/ネイティブダンサー
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-27 00:06 | 休憩、、、。

バンコクの夜、朗読者たち。

このにおい

真夏の新宿の夜と同じにおい

息継ぎができないくらいの湿度と、ありとあらゆる食べ物、それらのくさったにおい、人々の汗、ゴミ、その中に漂うナンプラーの香り、、
ああ、やってきた!


7年ぶりに私はカオサンの路上に立っていた。
目から鼻から口から、体中の毛穴からタイを思いっきりすいこんだ。

よし。


ここに来たらあれを食べなくちゃ。

屋台のラーメン。

すっきりして酸味のあるスープに米麺、たっぷりのパクチー、よくわからないタマネギを揚げたようなカリカリしたやつ。それにライムをじゅっとしぼっていただく。
35バーツ。
値上げしたね。。
屋台の親父がタイ語で話しかけてくる、マイペンライ(心配ないさ)と言っておく。
タイ語なんてさっぱりわからないが、タイ人に間違われるのはしょっちゅうだ。


店の前で食べていたら、いつの間にかとなりに子供が一人座っていた。
5歳とか6歳くらいだろうか
それは、きれいな服を着た女の子だった。
カオサンできれいな服を着た人などめったにいない。
白人たちだって、たいていはヒッピー風の小汚い格好をしている。
だからその子は異様だった。
高そうな花柄のワンピースに、おそろいのカチューシャ、ピンクのタイツ、エナメルの靴。

どう考えても異様だろう、、、。


私はそのときヘッドフォンからレッドツェッペリンのDazed and Confusedを聞いていた。
バンコクとツェッペリンは似合うのだ。
だから、その子が何か言ってるのに気づいたのは少し後だった。


ヘッドフォンをはずすと
その子は視線をまっすぐ前にむけたまま
「今日のお祭りにくるでしょう?」
そう言った。
「えっ?今日ってお祭りなの?」
と聞くと
「うん、そうよ。あなたを待っていたのよ。」
「・・・・・」


待っていたとはどういうことだろうか?
私はこの子に会ったこともないし、祭りなんて今初めて聞いた。

「え、わたし?」
「うん、そうよ。もうみんなあつまってるよ。早く行こう。」

はぁ、、
わけがわからなかった。
でも私はその子について行っていた。正確にはひっぱられて連れて行かれていた。
30分くらい歩いている間、もちろんその子にいろいろ質問をしてみたけど、彼女はいっさい口をきかなかった。
たったひとつ
「名前は?」という私の問いに
「フエ。」
そう答えた。


ついたのは、広場みたいなところ。
確かに、電飾がきらめき人が集まっているようだ。
でも、どこかへんだ。
もし本当にお祭りなら、バンコク中が色めき立って飾り付けられ、きらきらしているはずだった。


まったくおかしなことになった。。

しかし、これもいつものことじゃないか。いつだってこの街にくるとあらがえない力で何かに巻き込まれるのだ。
そう思って楽しむ事にした。
いろんな屋台から湯気があがっていた。揚げバナナ、パッタイ、グリーンカレー、焼き鳥、バーベキュー、、、、
今ラーメン食べたところだけど、また食べたくなる。。


私が屋台のひとつにすいこまれて行きそうになると、フエが手を引っ張って言った。

「そっちじゃない。」

不審に思いながらも、ついて行くと
さらに奥の方に、あかりが灯っているテントがあった。
どうやら私たちはそこへ向かっているらしい。
私は少し怖くなってきた。

「ねぇ、どうするの?あそこで何をするつもりなの?」
私は聞いた。
「読むのよ。」
「読む?読むって何を?」

フエは答えない。どんどんテントに向かって行ってとうとう入ってしまった。
しかたなく私もおそるおそる入ってみる。

そこには5,6人の男女が車座になって座っていた。
そして確かに何か読んでいた。
一人が声をだし、朗読する。
後の人たちがそれを聞いているようだった。

少し聞いてみて、私はハッとした。


「これ、、、私の!」


彼らが読んでいるのは、間違いなく私が書いた物語だった。。。


「どうして、、?」

フエが言った
「いつも書いたものを、声に出して読んでいるでしょう?どうしてかわからないけど、それがこのスピーカーから聞こえてくることがあるの。」

彼女が指した場所には、古ぼけた小さなスピーカーがあった。
そしてそれは私の部屋にある古いスピーカーとおんなじものだった。

「私たちはあなたのファンってこと。」
一人の女の人が言った。

「ここに集まって、君の声を聞き取っては書き写したんだ。」
年配の男性が言った。


まったく不思議な話だった。
いくら同じ種類のスピーカーだって、それがマイクとケーブルなしでそんな風につながるなんて考えられなかったし、ここにこんなにそれを聞いた人が集まっていること、そして私がここにいること、全てが不思議だった。


「生き物だって、物だって、古くなるとときどき思ってもみなかった能力が目覚めてしまうことがあるんだよ。」
中にいたおじいさんが言った。
「私はこの年になって、君の物語に出会ってよかった。そう思うよ。君の話はなんていうか、、すごくリアルで、そして本当の意味で虚構だ。」

「ありがとう。」

私は素直にそう言った。


そういうもんなんだ。
そういうふうになっていたんだ。
世界は私の力なんか、圧倒的にねじふせる。

そのとき「すとん」と納得した。

私たちは、いろんな物語を朗読し、私の新しい話もリクエストにお応えして朗読した。
みんなはすごく喜んでくれ、その夜は一晩中笑い、歌い、飲んだ。
フエは寝てしまっていた。
彼女は私の、ワニとおじいさんがパリで一緒に暮らす話が大好きだと言ってくれた。
私はお礼に、彼女にその話を本にして送る約束をした。





誰かがギターを持ち出して、ボブディランを弾いていた。
knockin` on heaven`s door
天国の扉をたたく、、、




私は眠ってしまった。






気がついたら、ホテルのベッドの上だった。
カオサンの喧噪が聞こえる。。




夢?
現実?




それはまた別の話だ。








※このお話は私の完全な虚構、妄想でできており、現実から一歩入り込んだ空想の世界になります。楽しんでいただけたら幸いです。

写真をのせようと思ったのに、スキャナーがうまく動かなくて断念、、、後ほどまたアップしますー(できれば、、)
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-23 00:21 | 妄想旅日記

Ideal Place

d0160944_12551935.jpg


Oh, my goodness,,,,
I`m still losing my preciousness.

Let me know if you find one.
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-22 13:04 | 休憩、、、。

収穫ー。

d0160944_13141060.jpg


今年の梅を収穫しました。
初めて梅干し作りに挑戦するつもり。。

どうなることやら、、、。


庭の梅の木たち
今年はあまり豊作とは言えないよう、、。

1本だけ割と実がついているものを発見。。

虫におびえつつ、もぎとりました。。



今日の音楽
the Doors / Break on Through (To the Other Side)
あっついねー!
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-19 13:22 | 日常の旅日記

mamma MIKA! mamma!!!

6/8 ZEPP TOKYO
MIKA JAPAN TOUR

SEから最後の一瞬まで完璧なMIKAワールド♥
歌もダンスも最高のショーでした。
映像も細部までこだわっていて、鳥肌がたつー。

にしてもMIKAぜったい素敵な人だ。
人柄がにじみ出ているステージでした。。





今日の音楽
MIKA/Lollipop
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-16 17:05 | LIVE!

『頂』2010!!!6/6

2日目のメニュー

・ジミー宮下 サントゥールソロ〜静寂の朝〜
・Poodles
・BAGDAD CAFE THE trench town
・羊毛とおはな
・PJ&THE PEACE JOINTS
・SOFT
・Spinna B-LL
・SPECIAL OTHERS
・ZAZEN BOYS
・栗コーダーカルテット
・渋さ知らズオーケストラ


d0160944_21512437.jpg

ミラクルワールド、マスターチにさよならして会場へ、、。
(1Fが居酒屋赤ひげだった、、、。そうとうなひげ好き、、、。)


d0160944_222450100.jpg


みんな自由
思い思いに遊ぶ

2日目はのんびり、ゆったり楽しんだ。
見たものでよかったやつだけ、書いてみます。

まず、SOFT
メインのトランペットの方が演奏前に普通に、そのへんをうろうろ、ふらふらしていて(しかも真っ白いワンピースの衣装で、、。)精霊みたいだった。。
その人が(人、、、だよねぇ、、?)ふくトランペットがやばかった、、。本当にその場のフィーリングという感じで即興でふき続ける、、なんだろう、、雷光のような。光のような。。
体が動く 気持ちいい。




d0160944_222614.jpg


思い出に火を灯せ!!



SPECIAL OTHERS
このフェスの大目玉(私にとって)。まわりもこのときだけは、盛り上がりが違った。
リハですでにかなりの盛り上がり。
初めてライブを見たけど、本当に4人全員が超超超うまい!うまくてかっこいい!アレンジもすばらしくセンスがいい!最強です。
しびれてしまった、、、。

ZAZEN BOYS
実は正直に言うと向井秀徳があまり好きではないのです。あのこてこてとろとろのえぐみの入った歌詞や、あまりにも不自然な言動が苦手なので。(もちろんそれが彼の良さで、人気のある部分なんだろうが)でもこの日は、、踊らされてしまった、、、。
バンドがすごい。話には聞いていたけど、これほどすごいとは思わなかった。やられたー




d0160944_22265259.jpg


昨日のろうそくはとけて、今日の色に、、。




栗コーダーカルテット
もう最高でした。本当に最高でした。
ゆるすぎるー。
やる気のないダースベイダーのテーマ、、。忘れられません。。
リコーダーの音っていい音なんだな。
雨が降ってきちゃって、ぬれていくお客さんを見て
「みなさん、私たちにお気遣いなさらず行ってください。風邪をひいたら元も子もありませんから〜。」
とおっしゃっていました。。。
残念だったけど、時間も時間だったので、お言葉に甘え帰路につきました。。。

渋さ知らズも見たかったのだけど、こちらも断念。
家まで、車を飛ばしたのでした。



本当に骨の髄まで満喫した2日間だった。
また来年も行きたいーーーイーーーーウァーーーー
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-14 22:38 | LIVE!

『頂』2010!!!6/5

d0160944_20552365.jpg

静岡県の日本平で開催されたフェス。頂(いただき)に行ってきた。
<1日目のラインナップ>
・明石太鼓
・TUFF SESSION
・千尋
・OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
・THEATRE BROOK
・Calm-field echo
・PLASTICS
・nbsa+×÷頂SUPER SESSION
・EGO-WRAPPIN` AND THE GOSSIP OF JAXX
・Varna Ghita 長沢哲夫(ナーガ)
・Rickie-G
・ROVO

いいでしょう、、、。
友達に誘われなければ全然知らなかった、このフェスだけどほんといいメンバーそろってます。

d0160944_20562076.jpg

手作りしたらしいTippiというテント。
夜はここでもライブとキャンドルタイムがあった。


d0160944_20585778.jpg

フェスって感じ。
あぁー、とりあえずビール飲むでしょ。
規模が大きすぎず、ゆるくてすごしやすかった。さいこーです!
今日の目当てはEGO-WRAPPIN`

ついたら昼過ぎだったので、
最初に見たのはPLASTICS。
ゆるすぎてぶっとぶ。ふうせんみたいの入ってるし、、、。衣装の中に。。。

次のnbsa+×÷のステージにでていたCro-magnonにもっとぶっとぶ。
何このリズム。聞いた事がない。
キーボードがめちゃくちゃかっこいい。
何もかも忘れておどりまくる。

EGO-WRAPPIN` AND THE GOSSIP OF JAXX
やぁ、きたきたー!
いつ見ても安定したステージ。だのにわくわくどきどきする。
なんて魅力あふれる歌なんだろう。
前にも書いたけど、最初に声を出したその瞬間にステージの空気が変わる。
彼女の色に染まる。
今回はGOSSIP OF JAXXが一緒で、また違う雰囲気。
そしておどりまくる。。


音楽があって、太陽があって、ビールがあって。
それだけでもうなんにもいらない。
最高に贅沢な気分だ。



d0160944_2121937.jpg

日も暮れてキャンドルタイムがやってきた。
鹿児島からやってきたという、Varna Ghitaというグループの音楽にのせて詩の朗読がはじまる。

d0160944_213134.jpg

ろうそくって本当にきれいだ。



d0160944_214321.jpg

森の中のミラーボール。

d0160944_2153286.jpg

おどれ!おどりまくれ!!



お友達の好きなRickie-G
私も好きになっちゃった。本当にいい声。
普段レゲエはあまり聞かないけど、Rickie-Gはもっとさらっと入ってきて、心地よい。
またまたおどる。


そして、大トリ
ROVO
すごかった。完璧にコンダクトされた大嵐。
映像もふくめて完璧だった。
リズムに麻痺し、酔いしれながらまたおどりまくる。



そして、
最後までへっとへとに満喫して、ホテルに向かった。


疲れきった私たちを待っていたのは
静岡ミラクルワールド。


ホテルマスターチ(Moustache{ムスタッシュ}口ひげのことらしいがマスターチと書いてあった。)



d0160944_2245736.jpg

ロビーの奥にあった人形。
ちょいちょい小物がおかしい。。


ここにたどり着くまでの、タクシーもミラクルワールドだった。
運転手のおじさんが、とてもフレンドリーでざくっとした方で、、。
「どこ行ってきたんですかー?こんな遅くまでー!」
と話しかけてくる。
「フェスです。」

「えー、今日なんかやってたんだー!誰がでてるんです??」

「・・・んー(わかるかなぁー?)エゴラッピンとか、、、」

「え??なんですって??」

「エゴラッピンです。」

「エゴラッピン???」

「はい。」


「エゴラッピン????」

「はい。。」

「エゴラッピンー????」


「・・・・」


ホテルにつくまで、なぜかエゴラッピンを連呼しつづけていた、、、。

ぜひいつか、聞いてみてほしいと思う、、。



ホテルマスターチ。
お風呂も独創的で素敵だった、、、。
しかし、明日もあるので即寝る。
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-13 22:17 | LIVE!

初!尾瀬トレッキング、、、惨敗記録、、、パート2

実は、この2日目のコースを決めるにあたって
1日目の晩、家族でひともめしまして、、、、。


尾瀬と一言で言ってもとても広く、いろんなコースがある。
初心者用の平坦なコースから、中級者、上級者の山コース、大回りコースなど、、、
でこの初心者用の最短距離コースだと(泊まっていた山小屋から)、来た道を引き返すことになる。。
母と妹はなんとか、違う道から帰りたいのだ。
他にも初心者用のコースはあって、湖を回って行けるのだが、
こちらは距離が長く14kmくらいはある。
そして帰りの新幹線の時間は決まっている。。。

私だって、できることなら違う道から帰りたいさ。

でもそのコースの設定時間(休憩なしで歩いた場合の時間)は6時間。
そして、新幹線の時間に間に合うように着くには、7時間しかない。
1時間休憩でとれるとしても、私の思うように動かない足をつれてはかなり心配だった。。。

足は、、、一晩寝てだいぶ良くなってはいた。
だけど、もし歩いていて早い段階で昨日みたいになったら、、、考えるだけでもおそろしい、、、。。

山は引き返すことはできないのだ。


というわけで、もめましたが、、、なんとか2人を説得。(実際はむりやり封じ込め。。)
最短コースで帰ることになりました。




ああ、負け犬と呼んでくれ!



朝、5時起床。
山の朝は早い。


山小屋のおじさんが、「今日は至仏がきれいだー」って言ってまわる。

d0160944_11131152.jpg

早朝の至仏山。本当に言葉がでないくらい美しかった。

d0160944_11151583.jpg

わずか10分くらいで、この霧は散ってしまう。


おじさんが、「やっぱり自然は、すごいのは朝か夕方だよ。」

と言う。


これが見れただけでも来た甲斐があったね。。




さて、朝食を食べて7時には出発ー!
はりきっていきましょう。。


その前に、、不安でいっぱいだった私は、杖を買いました、、、。
あの尾瀬ってかいてある、木のやつ。。。
ご年配の方々がたびたび買ってくるのを見てて、どうしてあれ買っちゃうんだろうなぁ、、、と思っていたやつ。。。。

そういうことかっ!!



d0160944_1122910.jpg

尾瀬の湧き水。汲んで途中で飲んだけど、ほんとうに感動するくらいおいしかった。
もっとたくさん汲んでくればよかったと後悔。。



もくもくと歩く。
今日は晴天。

気持ちいい。


こんにちはー

こんにちは。


知らない人にあいさつなんて普段はしないが、山ではする。


もっと元気出してー!

知らないおじさんに、はげまされる。。。


d0160944_1126863.jpg



もちつもたれつ、、、。




d0160944_11271983.jpg

ザゼンソウ。いくつか見られました。


d0160944_11333262.jpg

この旅1番の絵になる風景。



d0160944_11351463.jpg

わかりづらいかもしれないけど、油が浮いています。。
ちらほらそういう場所があって、悲しかった。本当は人間が入らないのが一番なんだよなぁ、、。


d0160944_11383090.jpg

アイスクリームブレイク。。暑かったのー!

d0160944_11392378.jpg

うまいー








順調に歩けました。
時間が余裕だったから、のんびり歩けて本当によかった。
やっぱり、景色を見ながら楽しみながら、歩くのがいいなぁと思う。
ふと、父の笑い顔が見えた。
彼は旅行のときはいつも上機嫌で、めったに見せない顔をしたっけな。。

お父さん、一緒に歩こう。







d0160944_11412924.jpg

最後の最後でこの山渋滞、、、。

まいったねこれは。。。

まぁみんなで歩けばこわくないねー。



というわけで、ほんとに順調にお昼頃にはゴールに到着!
まだまだ時間はあったけど、へとへとだったから繰り上げて帰りました。


しかし、恐るべし尾瀬。。


でも、母も満喫してたようだったからまぁいいか。
今度はもうちょっと鍛えて、リベンジだ!
と 心の中で そっと思う。。。
[PR]
by galwaygirl | 2010-06-09 12:00 | 旅日記