「ほっ」と。キャンペーン
<< 2013年さようなら、 冬のピクニック >>

ザ クレイジエストピーポーインナワールド

d0160944_18233437.jpg


クリスマス前、ジャエルが妹にとんでもなくバカバカしいものを買って帰りたいというので、原宿に行った。
日曜日だったので、竹下通りは正気とは思われない人々でごった返し、わたしたちはイモ洗いのイモのように押しつ押されつしながら流されるしかなかった。
ジャエルは終止毒づいていた。

人間というものは、恐ろしいことに慣れる。
どんな状況にも慣れてしまうのだ。
わたしにはこの通りはとてもまともとは思えず、さっきから店の店員が声の限りに何事か叫び続けているが、なんと行っているのかも皆目わからず、、、ただただいったい人々の精神はいったい何を見て何を感じているのかと、宇宙人を見ているようであったが、ここに毎日、毎週来ている人々というのも少なからずいるようで、、、、、、、
そういう人たちというのは、本人はなんとも思っていないかもしくはあらあたしぜんぜんふつうよあたしよりすごいひとなんてたくさんいるのよとか思っているのかもしれないが、外から来た私たちとはあきらかに異なる性質を外見からふんだんに盛り込んでいるもので見ればすぐにわかる。
慣れの果ての人たちに出会い、驚愕する、、、。

d0160944_18375358.jpg


プライバシーにかかることなのでお顔はカットしたが、実際お顔を入れていたとしても仮面のような化粧だったため、素顔はわからないと思えた。
ご本人たちも写真を撮られるということに、何の抵抗もないようで颯爽とポーズを作っていた。
そうか、そこまでいくのか、、、。


ジャエルは大よろこび。
なんであんなかっこうするのかって、わたしが聞きたい。

妹には、トイストーリーの宇宙人のストラップを買っていたようだった。
そんなにバカバカしいものでもない。
と思ったら、自分用にダースベイダーのiphoneケースを買っていた。
これが装着した様はなかなかにバカバカしい、、、。

さすがに疲れきってしまい、この後オクトーバーフェストに行く予定だったが、キャンセル。
ライトアップを見ると目を輝かすジャエルを見て(言っておくが普通の女の子のようにではない。まるで小さな子供のように目を輝かす、、。)どこかライトアップがきれいなところに行ってみようと思ったのだけど、あいにくわたしはそういうところの名所なんてまったく知らず、、、今は携帯があれば本当に便利なヨノナカで、さっそく検索してみた。
人気第1位 池袋 ルミネ
とでてきた!
おお、第1位なら間違いないし近いしよいではないか!と勇んで向かうことに。
池袋にルミネなんてあったかしら、、、とちょっと思ったが、まぁあると言ってらっしゃるからあるんだとうと、、。

しかし、案の定迷う。
ルミネってどこ??
といろんな地図を手がかりにふらふら。
ようやくたどり着いたころには、おなかがすいて二人ともぐったり、、、。
ルミネ、、、もう少し自己主張してもいいと思う。
そして念願のライトアップは、、、、上の写真です。
これだけ。
たしかに、きれいだ! だけど、これだけか!!

わたしは、Useless!! とジャエルにののしられながら、今度はレストラン探しに走ったのだった。
[PR]
by galwaygirl | 2013-12-30 19:01 | 日常の旅日記
<< 2013年さようなら、 冬のピクニック >>