<< ほんのまくらフェア、ふたたび 謹賀新年 >>

夜歩く。

d0160944_23344530.jpg




久しぶりに、歩いて帰った。
音楽を聴きながら、もくもくと。

夜歩くことは嫌いじゃない。
いや、むしろとても好きなことのひとつかもしれない。
夏の夜が最高だけど、冬のぴんとはった空気に音楽がとけていくのを聴きながらってのも悪くない。

昨日ふった雪が凍って、歩道のすべてをおおっていた。
ざくざくとふむ。
足が冷たくなってしまいそうだけど、今日は分厚い長靴をはいてきたから大丈夫。
どんどんふもう。
すってんころりんいってしまいそうだけど、いってしまったとしてもおしりが痛いくらいだから、大丈夫。
ふもう、ふもう。
でも、もしもあたまをうってしまったら大変だから、ちゃんと受け身をとれるように、両手をポケットからだして手袋をはめた。

さむい、さむい。
ときどき白い息が見たくなって、サンタクロースみたいに「ホーホー!」って言いたくなってしまう。小さな声で言ってみる。
つぶやいたらフクロウみたいになった。ホウ、ホウ。


夜がついてる、そう思うとなぜだか強気になってしまって、
家に帰りたくなくなる。
どこにだっていける!
そう思ってしまうのだ。




あぁ、遠い将来、徘徊老人になってしまうのだけはさけたいのだけど、、、
[PR]
by galwaygirl | 2013-01-15 23:57 | 日常の旅日記
<< ほんのまくらフェア、ふたたび 謹賀新年 >>