<< 栗をひろう。 秋の夜長 >>

父の本棚

d0160944_0143745.jpg



父の本棚には 圧倒的に文春文庫が多い
黄色い背表紙の 司馬遼太郎

妹の本棚には 圧倒的に講談社文庫が多い
斬新な物語。 でもどこかクラシックな 恩田陸


わたし。
私の本棚はどうだろう
とつぜん気になりのぞきにいく
しばらく見ないうちにうっすら白くうすぼんやりしてきた
ふわふわとおちてくる ほこりを
はたはたとはたいて のぞいてみる


わ。
圧倒的に新潮文庫。
てがたいわたし。。
わるくないわ。
安部公房 星新一 太宰治 夏目漱石 カフカ ドストエフスキーに ヘッセ

意外にもてがたいわたしの本棚
わるくない。


まだまだ増えてゆくだろうけど
10年後どうなっているだろう
あいかわらず新潮文庫ばかり
それもいいような気がする。



でもほんとはちくま文庫好き。。
[PR]
by galwaygirl | 2011-10-12 00:37 |
<< 栗をひろう。 秋の夜長 >>