<< 祝。CDデビュー! 宇宙メモ >>

ヤン&エヴァ・シュヴァンクマイエル展〜映画とその周辺〜

d0160944_13544026.jpg



「ラフォーレ原宿」
そう聞いただけで、げんなりした顔をした
私の恋人をむりやりひっぱって行ってきました。。


どうしても見たかったのです。
そして、もうすぐ終わってしまう。。


展覧会などは、終わりが近くなるとどうしても見たくなるものでして、、
たいていはそのまま行けないことが多いのですが、今回はこのように人1人の感情を犠牲にしてなんとかことを成し遂げました。。



結果、本当に行ってよかった。
中は血のにおいが充満しているかのような、むんむんとした生命力、エロス、妖艶さに満ちていました。
骨や毛皮や目玉など、動物的なものをたくさん使っているのだけど、その中にときおりボタンやフォークなどとても無機質なものがコラージュされていて、それがひどく艶かしい。
ぎらりと光って、そのものに命があるような顔をしていました。


つきつめて考えれば、すべてのものはエロスにつながっていく、もしくはエロスからつながっているというのは本当だと思うし、何をするにしても抜きには考えられないものなのだと思うけど、だからっておおっぴらにどうどうとしてしまえば、それはもうエロスではないわけで、、


生命というのは、ひどく怪しげで痛々しくてもろいもんなんだなぁと実感。
そして人間はみんな変態なのだ。。
生きるということ。そこに、ぜんぜんさわやかさはないのだ。


公開中の映画「サヴァイヴィング ライフ」もかなり独創的でおもしろそうでした。
しかし、ヤンの頭の中ってこんななのか、、、
そうとうにアヴァンギャルド。
70代のおじいさんだけど、常に創り続けているんだろうな。
ぜんぜん守りに入っていない姿勢に本当に感動しました。


最後に見た小泉八雲(ラフカディオハーン)とのコラボ
「怪談」の挿絵にはかなりやられました。
なんて前衛的な妖怪だろう。
こんなのは見たこともないし、妖怪というのは妖艶なものですが、これは妖艶というか、、非常にエキセントリックで惹きつけられました。



しぶしぶだった恋人も、とても楽しめたようでよかったです。。


映画も見に行きたいな。
[PR]
by galwaygirl | 2011-09-13 14:49 | 日常の旅日記
<< 祝。CDデビュー! 宇宙メモ >>